部分痩せを希望する人に最適な脂肪吸引|理想の体型をゲット

woman

手術の種類とアフターケア

お腹

ボティジェットとベイザー

美容整形で理想のボディラインにすることを脂肪吸引と言います。脂肪吸引はダイエットとは違い、痩せたい部分だけスリムにすることができる手術です。皮下脂肪の厚みがある程度あるところであれば、どこでも手術が可能です。また、ダイエットのようにリバウンドしないのも大きな魅力です。脂肪吸引といってもいくつかの方法があります。ボティジェット脂肪吸引では、ジェット水流をカニューレの先端から流しながら吸引します。注入と吸引を同時にする脂肪吸引です。ジェット水流を注入することによって、脂肪細胞と周りの血管や神経や筋肉が分離されるので、普通の脂肪吸引よりも脂肪がスムーズに取れます。また、ジェット水流の中には麻酔液が混入されているので、痛みも少なくなっています。ベイザーリポ脂肪吸引は、脂肪細胞にだけ作用する特殊な超音波ベイザー波を使用して行います。カニューレを挿入する前にベイザー波を照射し、脂肪細胞を乳化して吸引しやすくします。ボディジェット脂肪吸引と同じように、周りの組織を傷つけないで脂肪細胞をなくすことができる、最新の脂肪吸引手術です。ダウンタイムが短いのもベイザーリポの特徴で、小範囲の脂肪吸引であれば翌日から普通の生活ができます。

アフターケアのポイント

脂肪吸引手術をするうえで大事なのがアフターケアです。ボティジェットもベイザーリポも普通の脂肪吸引に比べて非常に回復が早く、アフターケアが楽な手術です。しかし、もともと体内にあった脂肪細胞を手術で吸引することには変わりはないのですから、それに対するケアも必要です。クリニックを選ぶときには、アフターケアをしっかりしてくれるかどうかをチェックする必要があります。脂肪吸引をしたあとは患部を圧迫固定するための医療用サポーターをクリニックから渡されます。サポーターは無料でレンタルできる場合もあれば有料の場合もあります。サポーターは腫れやむくみを抑えるために巻くものです。また、サポートを巻くことで筋肉の収縮がスムーズになり、血液の循環もよくなります。足用のストッキングやガードル、ウエスト用の腹巻きなど、各部位にマッチしたサポーターがあります。高周波トリートメントなどの痩身ケアを無料でしてくれるクリニックもあります。痩身トリートメントをすることで、患部の回復が早くなり、筋肉が引き締まって仕上がり具合も美しくなります。また、温熱ケアで新陳代謝が活性化すると細胞の生まれ変わりが促進されるので、美肌効果も期待できます。