部分痩せを希望する人に最適な脂肪吸引|理想の体型をゲット

woman

手術の手順と特徴

女の人

手術前と後の注意事項

脂肪吸引手術をするときには、手術をする前や手術をした後の注意点をよく確認しておくことが大切です。手術をするときには局所麻酔または全身麻酔を使用するので体力を消耗します。手術前日は早めに布団に入り、しっかり睡眠をとって体力を養っておくことが大切です。手術当日はまず医師と打ち合わせをして、脂肪を取る部分のマーキングをします。そして麻酔をしてから手術を行います。手術時間は60分程度が目安です。全身麻酔での手術でも、2時間ほど休んでから当日中に日帰りが可能です。手術後は患部が包帯で巻かれた状態になっています。手術当日は患部を避けてシャワーができます。お風呂に浸かると患部の腫れがひどくなるので、入浴は1週間ほど控えるようにするのが無難です。また、飲酒やスポーツも腫れの原因になるので、抜糸までの間はなるべく控えることをお勧めします。夜寝るときは患部を心臓よりも高い位置に固定しておくと、腫れにくくなります。手術から一週間後に抜糸をします。抜糸をした後は腫れの抑制や皮膚の引き締めのために、専用の医療用のガードルやウエストニッパーを巻いておく必要があります。お風呂以外の時間は常につけておくのが理想的です。

ダメージが少ない最新手術

手術をしたその日のうちに希望の体重になれるのが脂肪吸引手術です。ダイエットのように食べたいものを我慢したり、苦しい運動を続ける必要がなく、頑固な皮下脂肪を落とすことができます。脂肪吸引手術ではカニューレという細い吸引管を何本も使って、皮下脂肪から脂肪細胞を吸引していきます。カニューレは細いものから太いものまであり、ムラなく脂肪を取るために部位によって使い分けていきます。とても難易度の高い手術で、綺麗に脂肪を取るにはベテランの技術を要します。これまでの脂肪吸引は執刀する医師のスキルに左右されてきました。しかし、最近は医療技術が進化し、昔よりも痛み、出血、腫れ、後遺症などが少ない脂肪吸引マシンが普及しています。ベイザーリポはその代表的なものです。ベイザー波を使って脂肪細胞と周りの組織を引き離し、空洞状にしてからカニューレで脂肪細胞だけを吸引する最新のマシンです。これまでの脂肪吸引はただカニューレを挿入して吸引するだけなので、未熟な医師が執刀すると周りの血管や神経を傷つけてしまうことがありました。しかし、ベイザーリポならそうしたリスクが少なく、血管や神経にダメージを与えず、脂肪細胞だけを綺麗に取ることができます。